Lineスタンプ販売中!

ロージーライフのボードゲームをつくろう①

現在、「ロージーライフの世界感で歴史に残る競馬ボードゲームをつくる!」という無謀すぎる夢にチャレンジしています!

チャレンジ、といってものんびり楽しんでやってるだけだけど。。

せっかくなので制作過程みたいなものも載せてみようと思います。

もちろん「あ、これおもんない!うまくいかんでこれ!」と感じれば、そっと削除します。

一緒に「ホンマにボードゲームなんて出来るんかいな」という気分でゆるく見守って頂ければと思います。

みさき工房杯で優秀賞を受賞!

右も左もわからないボードゲーム制作ですが、たまたまツイッターでゲームボードコンペを発見して、説明書を送るだけで審査してもらえるということだったので応募してみました。

すると嬉しいことに優秀賞を頂くことができました。

これで自信をもらったので「形にしていこうかな」という気持ちになったわけです。

いくつもボードゲームを制作販売されている岬さんから、

直近で激熱なウマ。成長要素と、疲労要素、騎手や複数出走でのコンボなど、現ゲムマ環境でも十分戦える力があると判断しました。バランス次第ではありますが、十分期待の持てる作品だと思います。

という嬉しいコメントを頂きました。

競馬ボードゲームのアイデア

今のところ、どんなボードゲームアイデアなのかをざっくり紹介したいと思います。

毎ターンごとに2レース行いながら、10ターン目のダービーを目指します。

レースごとに勝利点がついているので、その合計値が高い人が勝者となります。

調教やレースで成長させ、馬を増やし、さらに大きなレースを目指すという流れですね。

ポイントのひとつになるのが、馬チップの裏表で調子を表しているところ。

画像はテストプレイ用に自作したものです。

オレンジの「やる気モード」と青の「余裕残しモード」があって、やる気モードであればスキルを生かせたり、同じ能力値であれば先着できるなどレースで有利に働きます。

馬の調子は調教やレースで上げることができますが、疲労も溜まります。

放牧すれば疲労は減りますが、調子が下がります。

目標のレースに体調を合わせるのか、今すぐレースに出て賞金を稼ぐか。。

そういったものを考慮しながら、ローテーションを組んでレースに挑んでいくゲームになります。

ほら、もう面白そうなニオイがぷんぷんしてきたでしょ?

次回は馬カードの説明をしてみようかな。

1 COMMENT

MICCHO

ダービーウォーズは序の口だね。オモロそう。早くテストプレイに参加させてください。待ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。